スケルトンリフォームのメリットとデメリット

>

スケルトンリフォームとは

骨組みだけを残してフルリフォームするのですが、どのような状況でこの方法が選ばれているのでしょうか。
中古マンションも戸建て住宅も飽和状態となっている昨今では、リフォームがとても注目されています。

フルリフォームということはリノベーションと同じなのでは、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
リノベーションとはその住宅の価値を向上させることという意味も含まれているので、フルリフォームとイコールではないそうです。
では、このフルリフォームの人気はどこからくるのでしょうか。
住宅事情や最近の流行なども関係してきているようですね。
では、スケルトンリフォームのメリットやデメリットも踏まえてしっかりと確認していきましょう。

スケルトンリフォームの需要

マンション建設も留まるところをしらないほど新築マンションがどんどん建てられていますが、一方で空き家問題も深刻となってきています。
中古マンションの販売も以前よりもとても増えてきているように感じます。

リフォームと言えば、ひと昔前までは現在住んでいる住宅が年数が経って傷んできたところを修復する目的がメインだったのですが、昨今では新築よりも安い中古住宅を購入し好みのお家へリフォームする家庭も増えているように感じます。

そんな中、骨組みだけに戻して作り直すスケルトンリフォームに人気が集まるのもうなずける状況と言えそうです。
骨組みから再度作り直すように思えるスケルトンリフォームは、間取りや家屋自体の補強に関しても、ある程度可能と言えそうですが実際のところはどのような利点があるのでしょうか。


流行のスケルトンリフォームの方法とメリット&デメリット

この記事をシェアする