スケルトンリフォームのメリットとデメリット

>

フルリフォームのメリット

一番のメリットと言えば、骨組みを残すということは基礎部分も残すことになりますのでリフォームの範囲によっては、費用を比較的安価に抑えられる可能性があることでしょうか。
既存の間取りからあまり変更させなければ、その分工事費用が減ることになります。
費用を抑えたいけど、見た目には新しい住宅にしたい場合は元の家の造りからあまり大きな変更をしないことが重要でしょう。

逆に、大規模な間取りの変更を可能にしてくれるのもスケルトンリフォームのメリットではないでしょうか。
骨組みから作り変えるので、部屋の数を変える、キッチンの動線を広くとるなどといった大きな変更もできるようになるので、新しい家を建てるような楽しみが出てくるともいえるでしょう。

好みのお家を作り上げる

ある程度自由に間取りが作れるので、家族構成に合った間取りの変更が可能になる事から、大規模なバリアフリー化や、部屋を繋げたような開放的な空間を作ることも可能です。

また、家屋を丸裸にする事で基礎部分の修復や耐震設備の充実や、現在だと新穀になってくる断熱の工事などを行う事が出来、より快適で安全な住宅を手に入れることができるのです。

また、解体する際に出る廃材を利用し、人気のヴィンテージ風の床やデザインに仕上げる事も出来るかもしれません。
廃材を利用する事が出来れば、処分費用が廃材利用分だけコストが安くなるので一石二鳥とも言えそうですね。
それに、ずっと住んできた住宅のスケルトンリフォームとなれば、思い入れのある部材などをリフォームの中で再利用する事ができれば、素敵な思い出と過ごしていく事も出来るかもしれません。


スケルトンリフォームのメリット

この記事をシェアする