スケルトンリフォームのメリットとデメリット

>

こんなはずじゃなかったとならない為に

なんでも可能なように見えるスケルトンリフォームですが、住宅に関する制約があるのも事実です。
マンションの場合ですと、マンション自体の構造によっては壁を取り払えない場合もありますので、間取りをがらっと変えたい場合は注意が必要です。
また、集合住宅の場合は管理規約によって規制があるばあいもありますので、中古住宅をフルリフォームする予定で購入する場合はしっかりとした下調べが必要になりそうです。

戸建ての場合は、マンションほどには規制がなさそうな気がします。
しかし、2×4などの構造では壁を外せない場所があるので、中古住宅の場合でも家屋の構造はしっかりと調べておいた方が良さそうですね。
もちろん、元の骨組み自体が老朽化してしまっている場合はスケルトンリフォーム自体が難しくなりますので、注意しましょう。

スケルトンリフォームのデメリット

リフォームという名称がつくと、新築するよりもコストが安くあがるのではないかという印象がありますが、実際のところはどうでしょうか。
スケルトンリフォームとひとくくりに行っても、外壁を残すのか外壁からすべて解体するのかでも、費用はだいぶ変わってくるようです。
住宅を購入する際に、どこに重点を置いているのかどこまでリフォームをするのかといった下調べや試算をしっかりしておかないと、結局改築した方が安上がりだったということにもなりかねません。

リフォームの人気が高まっており、リフォームを手掛ける業者もとても増えてきました。
経験豊富な業者を選ばないと、実際にスケルトンリフォームをする段階になって配管が使い物にならない、など追加工事が嵩んでしまい見積時よりも高くなってしまうという問題もおきかねません。
業者選びには慎重に検討したいものですね。


スケルトンリフォームのデメリット

この記事をシェアする